【在宅コールセンター主婦が語る】受電・架電どっちが大変?

日常

※当サイトは、アフィリエイト広告を(Amazonアソシエイト含む)を利用しています。

在宅ワークで検索すると、良く見かけるコールセンターの仕事。


mi
mi

(受電、架電)結局どちらが大変??

この記事はぞれぞれの大変さが分かる記事になっております。

受電・架電とは??


受電業務内容

かかってきた電話の対応をする仕事。


普段私たちも、分からないことや疑問に思ったことなどを

電話をかけて確認することってありますよね!


カスタマーセンターなどは、そのお問い合わせに答える必要が出てきますが


一次窓口のような業務だと、専門知識も必要なく

お仕事が出来るので初心者の方にもオススメです!


主な電話内容は・・

・商品のお問い合わせ・申し込み

・質問やご意見

・クレーム

個人の方もいれば企業の方もいるので、

さまざまな電話がかかってきます。


もちろん、クレームの電話もかかってくることもあり

電話に出た瞬間に、罵声を浴びせられることもあります。


マニュアルがあることが多いですが

素早い判断力や理解力なども少しは必要になってきます。


架電業務内容


こちらは、反対に電話をかける側になります。


主な電話内容は・・

・ほとんどが商品紹介やサービス案内


こちらも、会社と個人宅にかける場合と

2パターンあります。


好きな時間に好きなだけ働ける!在宅コールセンターの「コールシェア」

断然、架電業務の方が大変。


結果から先にお伝えすると、両方経験しましたが

間違いなく架電(かける側)の方が大変です。


このあと詳しくお話しますが、

メンタル面も辛くなります😣

架電業務のメリット・デメリット


メリット

・時給が高い

・インセンティブがつく


デメリット

・1日に何十件と電話をかける

・そもそも話を聞いてくれない

・アポイントなどのノルマがあることが多い

・かけても怒られて切られることが多い



未経験でもOK!という求人が多いのに

なぜか給料が高いことが多いです。(それだけ大変・・)


ただ電話をかけまくるだけなら出来るんじゃない?

と思う方もいるかもしれませんが(私も最初は思ってました😅)

かけては切られ・・

時には怒鳴られ・・

としていくうちに、メンタル面がやられてしまいます。


商品紹介やサービス案内をすることが多いので

内容をしっかりと理解し、マニュアル通りだけではなく

色々とアピールしないといけない部分もあり、セールスが苦手な方には

辛いお仕事だなと感じました。


私はセールストークが得意ではなかったですが

話し方が上手い方や電話に慣れている方は

架電業務でも良いかと思います!

受電業務のメリット・デメリット

メリット

・切られることがなく話が出来る

・ノルマがない

・やみくもに電話をかけることがない


デメリット

・クレームの対応あり

・架電業務に比べて時給が低い

何かの用事があって、電話をかけてくる方がほとんどなので

急に怒られるということはクレーム以外は

あまりないかと思います。


その分メンタル的にも落ち着いて仕事が出来ます!


お問い合わせのような窓口対応であれば

時にはクレームの電話がかかってくることもあります。


ノルマがなく、言葉使いなども一緒に学べるので

働きやすいかと思います😊

実際に在宅コールセンターをしてみて

在宅でお仕事を考えている方に向けて・・


私が実際に働いてみて思うことは

コールセンター業務が初心者の方には、受電をオススメします。


在宅ワークは当然家で1人なので、ずっと電話をかけ続けるというのは

思ってる以上に大変です💦


分からない事が起きた時に、すぐに教えて貰えないなどの大変さもあるので

営業の電話をするよりは、一次窓口の受電の方が私には合っていました。


マニュアルがしっかりと用意されている会社がおすすめです!


良かったらこちらの記事も参考までに・・

最後に

最後まで読んで頂きありがとうございました。


InstagramとTwitter(X)もやっていますので

ぜひフォローもよろしくお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました