【母の再婚】生活が一変。辛い思い出

不安症

※当サイトは、アフィリエイト広告を(Amazonアソシエイト含む)を利用しています。


以前に「小学生時代の不登校」を書いた記事で

母の再婚の話を書きましたが

その再婚した方(いわゆる父)が

厳しい人だった。


良かったら読んで頂けたら嬉しいです!

母の再婚


私が当時6年生の時に母は再婚しました。

それまでずっと2人暮らしをしていて、

朝から夜まで働き詰めの母。


大変な姿をそばで見てきたからこそ

再婚の話をされたときは、

自分にお父さんが出来るというワクワク感と

これで少しは母もラクになるのではないかという思いで

賛成しました。


新しい父は、根は悪くない人だと今は思えますが

当時はこんな思いをするなら賛成しなきゃよかったと

何度後悔したか分かりません・・。


【ティントル 不登校専門オンライン個別指導】

生活が一変


今までは働き詰めな母でも、土日はお出かけをしたり

夜は好きな番組を一緒に見たりと

なんだかんだ楽しい毎日を過ごしていたのですが・・


再婚してからそんな生活は無くなり

何かと注意してくる父。



テレビは見れない。

テストで悪い点を取ると、軽く2時間は説教。

夏休みは、毎日勉強。

遊ぶことは許されない。


母に言っても何も変わらない。


急に生活スタイルが激変し

私は毎日とても辛かったです。


「勉強しとけ」と父に言われ

私は1人で家に残された時もありました。

ここで書いたことは、ほんの一部で

こんなことが日常茶飯事にありました。


学校が唯一の楽しみに

小学4年生から不登校になり

6年生まで学校に行って無かったのですが

このことがきっかけで学校に再登校するようになり

それからは、学校が唯一休める場所に。


中学生高校生になるにつれて、

周りの友達が自由に楽しそうにしている姿を見て

とても羨ましかったです。


私への拘束はさらに厳しくなり

門限が5時や6時で学校が終わってから

遊ぶことも出来ない。


1分でも遅れると、何時間説教されるか分からない。


1番楽しい時期なのに、楽しくない毎日が嫌で

高校生からは反抗するように。

今思えばもっと自分の将来について

考えておけば良かったと思っていますが

当時は遊ぶことしか頭になく

大好きな母にも辛い思いをさせてしまっていました。



自由は一切なかった。


学校が早く終わった日や夏休み前は

みんな嬉しそうにしていました。


わたしは、長期休み前は憂鬱な日の始まりだと感じ

毎日カウントダウンをしていました💦



携帯(当時はガラケー)で連絡を取り合う友達が多く

私もクリスマスプレゼントで買ってもらい

とても嬉しく毎日持っていたのですが

テストの点数が悪かったり

何かあるとすぐに取り上げられ

目の前で折られたこともありました。



そのたびに友達に

「もう連絡は取れない」と何度言ったか分からないです・・。


中学生時代は特におしゃれする事も許されず、

髪型まで指定されたこともあります。



こんな生活が嫌で、両親が寝たあとの夜中に

近くに住む祖父母の家に

家出したこともありましたが

入れてもらえず追い返され

また物音立てずに家に戻りました。


祖母も、そんな父に逆らえず

ここで私を家に入れると何言われるか分からないと

思ったのでしょう。

迷惑をかけたと今は思います😭


もっと楽しい生活を送りたかった・・

今になって、父の言ってた意味が分かることもありますが

1番の後悔は再婚を許してしまったことです。



父の教育方針のせいなのか

私は自分の意見が言えなくなってしまいました。

言っても否定されたり、賛成してくれたことはなかったので

それなら言わない方がいいと思うように・・。



監視されながらの毎日はとても辛かったです。


同じように辛い思い出がある方がいたら

ぜひ読んで頂けたらと思って

今回は記事にしました。


最後に


次のブログで、父の都合により

高校3年生で転校することになった記事を書こうと思っています。



暗い記事になってしまいましたが

ここまで読んで頂いてありがとうございます。



X(旧Twitter)とスキンケアが好きなので美容アカウントのInstagramも

やってますので良かったらフォローして頂けたら嬉しいです🙇



タイトルとURLをコピーしました